デジタル同軸ケーブル,V2/1.0,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , AVケーブル , 同軸デジタルケーブル,/archaistic557615.html,オヤイデ,1.0m,OYAIDE,AS-808R,ネオ,mcenteggart.ie,NEO,4035円 デジタル同軸ケーブル,V2/1.0,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , AVケーブル , 同軸デジタルケーブル,/archaistic557615.html,オヤイデ,1.0m,OYAIDE,AS-808R,ネオ,mcenteggart.ie,NEO,4035円 NEO OYAIDE マート AS-808R V2 1.0 デジタル同軸ケーブル ネオ 1.0m オヤイデ NEO OYAIDE マート AS-808R V2 1.0 デジタル同軸ケーブル ネオ 1.0m オヤイデ 4035円 NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 AVケーブル 同軸デジタルケーブル 4035円 NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 AVケーブル 同軸デジタルケーブル

NEO OYAIDE マート AS-808R V2 1.0 デジタル同軸ケーブル ネオ 当店は最高な サービスを提供します 1.0m オヤイデ

NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ

4035円

NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ



【商品名】
NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ

レコーディングシステムの核を成すワードクロックを始め、数多くの音響システムで必要とされるコアキシャルケーブル。
音響機器がデジタル中心となった現代のシステムでは、デジタルケーブルの役割も増し、その品質もシステム全体に影響を与えます。
AS-808V2シリーズはオヤイデ電気の「精密導体102SSC」を採用したプロフェッシュナルユースのコアキシャルケーブルです。
導体径1.0Φの“102SSC“銅単線と、理想的な絶縁方法である空気絶縁に近いコルデル構造を採用することにより、抵抗損失と誘電損失を抑え、デジタル音声信号やワードクロックを正確に伝送します。
また的確に設定されたインピーダンスは、ノイズやドロップアウトなどのトラブルを回避します。
クロックジェネレーターなどのクロック発生/受信機器のワードクロック接続、DACやオーディオインターフェイス、DJ機器などのS/PDIF接続、そして映像機器にも最適な75Ωデジタル同軸ケーブルです。
モデル番号を入力してくださいこれが適合するか確認: 中心導体には精密導体”102SSC”を採用。
”102SSC”はリサイクル銅を含まないバージン銅のみを使用しており、銅の不純物を除去するための機械ピーリング、天然ダイヤモンドダイスを使用した線引き、工程内での2度に渡るアニール処理など、多岐に渡る技術を惜しみなく投入し、導体表面を極限まで平滑化(SpecialSurfaceCopper)。
その結果通常の銅線をはるかにしのぐ優れた導電率(102.3%IACS)を実現しました。
また素線径は標準誤差許容値±8μmをはるかに凌ぐ±1μm以内を達成しています。
さらに導体の鮮度を重要視、出荷・製造着手の最短化と製造管理を実践するなど、見えないところへの徹底したこだわりをいくつも経て、精密導体“102SSC”は作り上げられています。
十分な導体径である1.0Φの単線と質の高い精密導体”102SSC”を採用したことにより、導体抵抗などによる伝送ロスを防ぎます。
・シールドは100%の遮蔽率を誇るカッパーフォイルシールド、および遮蔽率90%の”102SSC”メッシュシールドによるダブルシールディング。
・ケーブル外径は4C相当(6.6mm)としながら、中心導体は5C相当(1.0mm)の直径を確保することで、4C線の取り回しのしやすさと、5C線の安定した伝送能力を両立。

NEO OYAIDE AS-808R V2/1.0 デジタル同軸ケーブル 1.0m ネオ オヤイデ

ニュース一覧 ≫

CAPITAL JOURNAL

 バイデン大統領が掲げる巨額の歳出計画を巡り、民主党内の左派と穏健派の対立が先鋭化している。米政界の関係者なら、いつかどこかで見た映画のようだとかすかな記憶が頭をよぎっているかもしれない。

 新型コロナウイルス禍に絡む物価上昇圧力が総じて和らぎつつある中、一段と幅広いインフレ圧力がこれに代わる存在として台頭してきた。